イベントで活用

遊具のレンタルというと誰もが1度は子どもの際に遊んだことを思い浮かべます。自宅や公園にはないような空気を利用したエアー遊具と呼ばれるものや電車や動物などの自動で動く機械遊具などです。それらの遊具はイベントのためにレンタル業者が貸し出しをしていました。1980年代頃から2000年付近まで、現在の日本の様々な企業が独自の企業のイベントを定期的に開催していました。しかし、景気の変化によってそのようなイベントの数も減少していきます。 遊具のレンタルというものは、現在専門に行っている業者は日本全国においても数が少なくなりました。それはイベントを開催することがなくなれば、レンタルを依頼する数も減少し、レンタル業者の仕事はなくなるからです。

しかし、現在でも遊具のレンタルを専門に行っている企業は存在しています。全ての企業がお得意様や新商品発表の際のイベントを開催しないわけではありません。以前よりは回数は減りましたが、そのようなイベントを開催している企業はあります。 今後の遊具のレンタルの動向は、現在と同様に企業業績の良い所からの依頼はあるため、同様な依頼数があると予測されます。また、企業もイベントを開催するための資金を少しでも節約するために、遊具などのレンタルはより安くしたいと考えます。そのため、貸し出し業者も現在よりも低価格で遊具のレンタルをしていくと予測されます。貸し出しの利用金額が、高額な費用であれば、企業は遊ぶ道具よりも飲食物などのサービスへと移行するからです。